不動産業者に査定を依頼|価格の相場や見積もり調査は抜かりなく

不動産

省エネ推奨制度

男女

省エネ住宅ポイントの仕組み

一定の省エネルギー性能水準を満たすエコ住宅の新築や改修工事を行うと、商品などと交換ができるポイントの発行を受けられます。これが省エネ住宅ポイントです。 そのための申請の主体は建築主ですが、事業者による代理申請も可能となります。 発行されたポイントは、省エネや環境への配慮に優れた商品や、地域振興につながる地域商品券、全国で使える商品券やプリペイドカード、環境寄付や復興寄付などと交換することができます。 このポイントの発行申請の受付は、2015年3月10日にすでに始まっています。そしてその期限は、予算の執行状況に応じて公表されることになっていますが、遅くとも、2015年11月30日までとされています。 こうしたポイントがもらえる機会に、しっかりと省エネルギー基準を満たすための改修工事を検討してみるといいでしょう。

ポイントがもらえる改修工事

改修工事で省エネ住宅ポイントを受けるためには、以下の3つのうちのいずれかの改修工事を行うことが必須となります。 1つは窓の断熱改修、もう1つが外壁や屋根、天井または床の断熱改修、そしてもう1つが設備エコ改修です。 またこの他に、これら3つの工事と組み合せることで、バリアフリー改修や耐震改修などもポイント発行の対象となります。 ポイントの発行申請は、原則として、工事完了後になりますが、改修工事にかかる費用が、税込で1000万円以上となる場合には、工事完了前に申請することも可能です。 受け取ることができるポイントの上限は、1戸あたり30万ポイントですが、耐震改修を同時に行う場合には15万ポイントが加算され、45万ポイントまで引き上げられます。 また、自治体によっては、対象工事に上乗せして補助金を実施するところもあるため、事前に調べてみるといいでしょう。