不動産業者に査定を依頼|価格の相場や見積もり調査は抜かりなく

不動産

快適にしよう

家の模型を持つ女性

マンション管理で活用できる業務委託

賃貸マンションの保有者は、賃借人が快適な生活を送ることが出来るようにマンションのメンテナンスを行う必要があります。マンションのメンテナンスは義務ではありませんが、マンション管理を疎かにするとマンションの評判が悪くなり入居者が集まらなくなってしまうため、マンション管理はマンション経営を行う上で必要不可欠な業務であると言えます。しかしマンション管理業務は、定期的な設備点検や入居者からの照会対応等、様々な業務があり、マンション経営者自身で全てを対応するには時間と手間隙が必要となります。この点、オーナー自身の手間隙をかけずにマンション管理を行う方法として、管理業務を専門に行っている業者に委託するという方法があるのです。

低コストでマンションの管理を委託する工夫

マンション管理の専門業者に保有しているマンションの管理業務を委託する場合には、業者に対して管理手数料を支払う必要があります。管理手数料の水準は業者によって異なりますが、少しでも低コストでマンション管理を委託したいのであれば、複数の業者に見積もりを出させて比較検討し、その見積もりを基に業者と価格交渉を行うと割引料金を引き出せるケースがあります。マンション管理業者も業者間競争が無い場合だと正規料金での受託を前提として交渉を行ってきますが、競合他社が存在する場合には何とかして受注しようと管理手数料の引下げを提示してくるケースがあります。こうしたマンション管理業者間の競争を上手く利用すれば、管理コストの低減が実現できる可能性があるのです。